2022.0812.(Fri) Boadilla

2022.0812.(Fri)
Left Castroheriz just past 9. The trail was flat first before the river and then went up rather steep from 800m to 900m. It eas a good view from the top. Met and talked with Italian young guy and French woman. After going up, it had to come down. There was a fountain 3,9km from the top and rested there. Went across rio Pisuerga by Puente de Itaro. Arrived at Itero de la Vega and decided to take taxi for the rest of 8.5km to Boadilla.
At the inn, met with a Korean guy living in Mexico and Korean woman, not related. Dining was in a big hall of may be 80 people.

今日も暑くなることを想定して、ブルゴスで買ったラニングパンツで9時ごろ出発しました。最初はRio Odrillaに向かって下りましたが、橋を渡るとAlto de Mostelaresにむかって少々きつい登りになります。橋の標高が800mでAlto 頂上が900mだから標高差は大したことはないのですが、8月7日のMontes de Oca以来の勾配だと感じました。登りながら、イタリア人の若者にであいましたし、頂上ではフランス人の女性にも出会いました。笠が珍しいのか、皆さんから声がかかります。頂上からの眺めは素晴らしく、来し方を振り返りました。昨晩泊まったカストロへリツは、小高い山の山すそに細長く展開し、その山の頂上付近に城塞があるというのがよくわかりました。こちらのAlto de Mostelaresには東から登ってきて、頂上はメセタのように平坦になっている部分が400mほどあり、西側から降りることになります。西側の平原を望むと、取り入れの終わった麦畑が果てしなく続いています。この降り道もカミノの紹介のPRによく載っているので、何枚か撮ってもらいました。あとは炎天下の農道をひたすら西へ西へと歩きます。Alto から4kmほどでFuente de Piojoという泉があり、ランチをしました。ここからRio Pisuegaまではわずか1.5kmの間に一丘超えるのですが、アスファルト舗装になったせいか、温度が大変高くなっていました。Puente de Itaro 橋でRio Pisuega をわたり、川沿いの道には、陰が少々ありますので助かりました。このあたり、木は川沿いにしか生えてないのです。橋から2km足らずでItaro de la Vegaという村にはいり、バルで冷たいものを飲んだら生き返りました。ここから宿までまだ8.5㎞あり、この炎天下歩くのはちょっとリスキーだと思われたので、バルで車を呼んでもらい、Boadilla del Caminoにある宿には、2:45ごろに着きました。宿は個室が付属しているアルベルゲと見受けました。宿のバルで英語もスペイン語も堪能なメキシコ在住の韓国人男性に会いました。夕食は、大きなダイニングホールで、アルゲルゲの宿泊客も一緒に食べました。多分80人ぐらいはいたと思います。

Looking west from Alto de Mostelares

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments